PM2.5は、どのようにして発生しますか。

PM2.5には、物の燃焼などによって直接排出されるもの(一次生成) と、環境大気中での化学反応により生成されたもの(二次生成)とがあります。
一次生成粒子の発生源としては、ボイラーや焼却炉などばい煙を発生する施設、自動車、航空機などのほか、火山など自然由来のものや越境汚染による影響もあります。
二次生成粒子は、火力発電所、工場・事業所、家庭などの 燃料燃焼によって排出される硫黄酸化物(SOx)や窒素酸化物(NOx) ほかガス状物質が、大気中で光やオゾンと反応して生成されます。